toggle
飼育栽培の快適化に多様なサービスでお手伝いします!

沿革

1998年8月 陶 武利が観賞魚の器具メーカーである㈱ニッソーを退社し、「平塚バイオ技研」の屋号で個人事業として開業する。
1998年12月 コオロギの自動給水器を開発し、弊社の定番商品となる。
1999年3月 緑書房から出版されている月刊誌フィッシュマガジンでグッピーの新品種、ラズリーおよびプラチナジャパンブルーY型を発表する。

1999年6月 「平塚バイオ技研」を改称し、「ピクタ」とする。
2000年1月  冷凍餌の小売を開始。
2001年4月 有限会社として法人化。
2002年4月 事務所を移転。
2004年4月 水草用温室設置
2005年3月 新社屋完成 事務所・温室・倉庫を統合
2005年4月 日本観賞魚振興会(現:日本観賞魚振興事業協同組合)の会員になる。
2007年5月 「こだわり極めた商品」というコンセプトで、あくあ工房いちなま様と飼育用品(極シリーズ)の開発販売に本格的に参入を始める。
2007年6月 グッピーの新品種「ラスター」をアクアライフで発表する。
 
2008年5月 グッピーの新品種「オパール」をアクアライフで発表する。
2008年9月 この年、これまで野生個体のみに頼っていたカージナルテトラがインドネシアで養殖の成功という快挙があった。当時は野生個体よりも高価であったが、環境への負荷が野生個体よりもずっと少ないということと、持続的な利用ができるという意味から、養殖カージナルテトラの輸入を始める。エコカージナルとして、商業養殖が軌道にのるまで力を入れて販売することとなる。
2009年8月 ビバリウムを誰でも手軽に作れる商品「極床造形君」を発売

 

2009年10月  グッピーでは初めてとなる紫系の固定品種、ラベンダーをリリース
2010年3月 メダカの仲間であるオリジアスの青い新種(ネオンブルー仮称)を日本で初めて導入する。
2010年5月  アクアライフ5月号で、これまでベールに包まれていたカージナルテトラの養殖現場のレポートを報告する。
2010年7月 オリジアスの新種ウォウォラエを日本で初めて導入。
2011年2月 弊社としては初めてとなる本格的な飼育ケージ「極育養箱」を発売
2012年1月 オリジアス・ウォウォラエの原産地ムナ島へ取材に行く。
2012年7月 新ファームに魚、植物統合
2013年5月 本社とファームを統合 魚は輸入魚を辞め、自社生産へシフト。
2014年4月 ビバリウム向けの観葉植物を本格生産始める。
2015年6月  レパシー社のクレスフードに加え各種ゲルフードの取扱いを本格的に始める。
 
2016年 インドア園芸普及の為に、雑誌の連載、テラリウムワークショップをはじめる。園芸店への販路も開拓
2017年 パルダリウム作成資材、「作れる君」を販売開始
2018年4月 ネフロレピスの新品種(ピクタオリジナル) ライムシャワーを販売開始